スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキン変更しました

携帯とPC、両方で見ている方はわかると思うんですが。
両方変更しました。今は、同じ作者さんの似たようなスキンを使わせてもらっています。
爽やかな感じがすごく素敵だったので。
今までPCのほうはブログパーツの兼ね合いなどで変更してきましたが、携帯はずっとトランプ模様一択でした。今回、FC2でトップに紹介されていたこともあり、携帯・PCともに変更してみました。

短歌同人誌、『dagger‡』、『dagger‡2』を読んで思ったこと。
どうもワタクシ、井上法子さんの作品に惚れてるらしい。
『dagger‡』8ページの光合成(エネトピア)という題とか、I(あなたが) 水(いなくて) U(とても) so(さびしい)...といった表現なんかは瑞々しくて、私の中にある短歌像を壊してくれてとても良かったです。
その割に揚羽蝶にアゲハチョーというルビが振ってあるのがなんだかなぁとw
『dagger‡2』の革命(フェト)でも、二行で一つと読ませるようなところがあって、この人は短歌という形式だけにとらわれてない感じで、あくまでも詩の中の短歌という形式に恋い焦がれているようにも見える。まだ彼女は、大学生になりたてだそうで、短歌だけではなく色々な表現方式も試してほしいと願うところ。
とはいえ、この同人誌に掲載されている人すべてがうちのサークルよりも年下ということを考えると……わ、若いっていいなぁ。

アクセス解析で一週に一度ぐらい「dagger 短歌」で来る方がいらっしゃる。彼に「有名なの?」と聞いてみたら、「コミティアの短歌サークルではいちばん有名かと」という答えが返ってきてびっくりした。どうも同じ開催回にサークル参加していたようなのですが、まったく気付かず。というか、短歌って聞いただけでスルーしてました。でも、きっとコミティアに来ている人たちは詩や文章と聞いただけでスルーしてしまう人もいると思うので、もっと他の文章系サークルと密になってもいいんじゃないかしらと思ってみたり。とはいえ、『dagger‡』を買ったのは文学フリマだったので、文フリってやっぱりいいなぁとかなり強く思った。
ちょっと文章系で食わず嫌いはやめてみるわ!お金が続く限りだけど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。